新入社員研修で必要です!電話マナーについて

新入社員研修で必要です!電話マナーについて

インターナットや電子メールが情報収集としては一番早い方法では無いかと思いますが、企業にとってお客様との繋がりは電話を受けることから始まると思います。

電話受付の応対でしっかり行う企業とそうではない企業ではお客様の印象が大きく変わってしまいますし。

お客様はベテランであるか新人であるかは関係なく電話をしてくるわけですから、電話を受ける人は企業の代表として受けることが必要になります。

私が勤務している会社でもメンテナンスの依頼を受ける電話応対が通常業務になることから新入社員研修を含めて外部から専門講師を招いて定期的に研修をしています。

特に新入社員の場合は配属された部署で電話応対することは最初、怖くて電話を取りたくない心境になることは当然だと思いますが、新入社員研修で電話応対のマナーを学ぶことで自信がつくのではないでしょうか。

電話マナーには5つの基本があるとされていますが、電話が鳴ったすぐに出ることや3コール以内に出ることなど・・新入社員研修で電話マナーを取り入れることは企業の発展にも繋がるのではないかと思います。

電話応対のマナーについては何処の会社でも研修会を開催して社員教育に力を入れていると思いますが、電話マナーは会社の評判を左右する重要な課題だと思います。

取引先やお客様にとっては相手がどのような状況で電話を受けるかは判りませんが電話の受け方によって印象を良くするか悪くするか重要な問題になります。

重要な課題をクリアするためには新入社員研修やリーダー研修を含めて定期的にマナーに関しての教育が必要になり、研修することで企業の業績アップの重要な基礎作りになると思います。

会社で開催した新入社員研修の電話マナー研修内容で学んだことは★勇気をもって積極的に電話にでること★最初に会社名、個人名をしっかり名乗ること★明るく気持ちの良い挨拶をすること★電話でも笑顔で姿勢を正して話すこと★電話を切るときの挨拶をしっかりすること・・など5つのマナーが印象に残りました。

人間は様々な性格で声の質も違っていますが、新入社員研修で学んで5つのマナーを実行して電話応対することで相手にとっては好印象で好感をキットもって頂けると思います。