新入社員研修で外部研修に期待することは!

新入社員研修で外部研修に期待することは!

企業では社員に対して定期的な研修会を開催していますが、それぞれのステップに対応した研修会ではないかと思います。

各ステップでの研修会は企業にとっても重要な課題でもありますが、特に必要な研修としては新入社員研修が挙げられると思います。

新入社員研修は企業独自に行う研修も勿論必要になりますが外部講師を招いての研修と外部機関の研修会を受講する方法があります。

企業として新入社員に求めることや期待する行動は①学生から社会人への意識の切り替えと社会人としての行動ができる②挨拶などの基本マナーをしっかり身に付ける③ビジネスマナーの大切さなどを身に付ける④相手の期待に応えるスタンスを身に付ける⑤他企業の新入社員と混ざって研修を受けることで緊張感を養う・・などの行動を企業としては新入社員研修で期待しているようです。

社会人としては挨拶や電話応対マナーなどの基本的なビジネスマナーは重要なことになりますし、企業内研修では教えきれない知識も外部研修で期待できるメリットは多くあるのではないでしょうか。

研修会や講習会を受講しても机上講義が中心になりますと緊張することは少ないですが、実習やグループで発表する研修は凄く緊張することがあります。

貴重な時間と講習費用が必要になるなるわけですから身につく研修を会社が求めていることにもなります。

最近では外部機関に委託する新入社員研修を取り入れている会社も多くなっていますし、社内研修では教えられない社会人としてのマナーを受講できるメリットがあります。

講習内容ではビジネスマナー関係と仕事の進め方に関係する基本行動を実践的体得することができますので、最適な新入社員研修が期待できると思います。

座学の研修だけでは判ったと思っても、実際の場面では行動が起こせないことがありますが、ロールプレイを取り入れた実習ですと身の回りに起こった場面を想定して体得することで自信がつくと思います。

社会人一年生の新入社員にとって「ビジネスマナー」「仕事の進め方」は職場に配属されてからも重要になりますので、自信を持って仕事ができるように新入社員研修で学ぶことは自分の将来にキット役立ちます。