会社の各部門で行う新入社員研修について

会社の各部門で行う新入社員研修について

企業では社員に対する研修は必ず実施していますし、社内の各部門が主催で行う研修会もありますが、多くは外部の専門講師に依頼してテーマ別に行う研修会と外部機関が行う研修会に社員を派遣して行う研修会ではないでしょうか。

毎年、行う研修会でも一大イベントされているのが新入社員研修会では無いでしょうか?

四月になると新入社員が入社してきますが、男女ともビジネススーツを着て出社する姿を見るたびに心が和む先輩社員も多いと思います。

私の会社では新入社員に対して一次研修から四次研修まで年間で4回の新入社員研修会を実施していますが、主催は総務部でビジネスマナーを含めて一般的な研修と各部門で行う部門研修があり、最終日に試験を行い平均点以下ですと追加研修が必要となるシステムです。

経理部、営業部、資材部・・などの部門が約2時間ずつ研修を行いますが、翌年の3月に行う四次研修になりますと立派になった社員に対して行う研修会が楽しみになります。

4月に開催した新入社員研修に参加した新人が一人も欠けていないで研修会が開催できることは企業にとっても嬉しいことだと思います。

支店や営業所が全国に展開している企業では行事や研修会を開催することは、旅費や宿泊費と費用が必要になりますが社員が働いて利益を挙げることによって企業、社員が成長することだと思います。

毎年、4月に開催される新入社員研修は企業にとっても新入社員にとっても重要な研修であり、将来を託す社員を育成する第一歩の研修ではないでしょうか。

新入社員研修は企業にとって二つの大きな目的があるとされていますが★研修・教育を行いいかに早く戦力として育成できるか★新入社員をいかに会社に定着させるか・・が目的のようです。

本社部門に配属される社員や支店・営業所に配属される社員と業務内容が違ってきますし、必要な資格取得にも相違があります。

新入社員研修にはビジネスマナー研修、技術的な研修、資格取得を目的とする研修などがありますが、会社の業務内容を理解してもらう為には社内各部門が行う研修も有意義になります。

研修会を開催して全国の新入社員と親交を深めることは、定着化も進みますし社員に安心して働ける企業であることを知ってもらう機会でもあると思います。