企業で行う新入社員研修の期間と内容は!

企業で行う新入社員研修の期間と内容は!

現在の日本では総理大臣が行っている経済政策によって景気が回復されるとされていますが、円安・円高によって景気が左右される企業はたくさんあります。

末端までの国民が景気回復の実感があるかと聞かれたら、景気回復の実感がないと答える方が多数ではないでしょうか。

企業には4月になると新入社員が入社してきますが毎年となると大手の一部企業や優良企業となり中小企業では難しいのが現状だと思います。

各企業が行う新入社員研修の期間や内容は企業によって違いはありますが、集中的に行う研修は5日前後から一ヶ月以上に期間にわたって行われ研修や一年間を等して数回に分けてステップアップした研修もあるようです。

でも実際に行われる新入社員研修としては配属先で行われる教育や実務を行いながらのOJT研修も重要になると思います。

企業が行う新入社員研修の目的には早期の戦力化を期待することが一つとされていますが、現在のような「ゆとり教育」では早期に戦力として求めるには離職率も高くなり定着化が進まないと慎重になっている企業も多くなっているようですよ?

私が勤めている会社も同様な考えになってきました。

「ゆとり教育」の影響かとも言われていますが最近の企業における新卒社員の離職率は30%前後との報道がありました。

この数字には少し驚きましたがチョット多い数字ではないかと私は思いましたし、希望の職場に配属されないと離職してしまう新卒社員も多いようです。

新卒社員が入社しますと社会保険の手続きや費用負担、新入社員研修と企業としては多額を投入することになりますので、新入社員を定着させることも企業には大きな使命となっています。

新入社員を採用することで一人約50万円の費用が必要と言われた時代がありましたが、新卒社員の離職率が高くなると企業としてはマイナスになってしまいます。

新入社員研修は新卒社員を会社に定着させることと、いかに早く戦力として使えるかが目的になっていますが、離職率を考慮しますと企業としては新入社員をいかに定着させることができるか重要な課題になっているようです。

新入社員研修は集中研修ですと5日前後から30日前後の期間を設けていますが、研修期間・方法・内容によって新入社員の働く意欲をかき立てることが大事なようですね。